結婚・仕事・時間・住む場所にとらわれない!30代女性はHappyであれ!It's my Life★That's my Style!

ちずすたいる

LifeStyle

セカンドストリートとオフハウスを比較!より高く買取見積もりをくれるのはどっち!?

更新日:

 

ただいま金欠真っ最中のちずです。

30代にもなって“金欠”という言葉を

普通に使うとは思いもしませんでした。

学生の頃と全くお財布事情が変わってない。

むしろ学生の頃の方がお金あったかも。

 

お金がない状態が続くと

「何か家に売れるものはないか」

そう思うことありませんか?

自分にとっては要らないものでも

他人にとってそうとは限りません!

 

ということで今回は

お家にある食器類を町のリサイクルショップに出すことに。

 

どうせ売るなら一円でも高く売りたい。

ということで有名リサイクルショップ

2店舗で見積もりをもらった

 

その結果を今日はご報告します!

 

スポンサーリンク

売るのは食器類5点

今回売ることにしたのは

溜まりに溜まった頂きものの食器たち。

大変申し訳ない話だけど

人から頂いた食器たち。

趣味も違えば、使う用途が自分に合わなかったり。

ビールを飲むグラスとか。

私お酒家で飲まないから。

自分で買ったらちょっといいお値段しそうだけど

ずっと使わずに眠っているものたちなので

どうせならその価値が分かる人に使ってほしい!

ということでこんなものたちを売りました。

 

ビール飲む用のうすはり

 

SUGAHAEAのグラス

よくわかんないやつ。

 

 

あとは写真はないけど

コンビニかどこかでもらった

景品のお皿みたいなのも売りに出すことに。

 

 

セカンドストリートとオフハウスを比較!

今回私が買取の見積もりを比較したのはこの2社。

セカンドストリートはゲオが運営しているショップ。

オフハウスはブックオフの会社ですね。

 

私はもともとセカンドストリートって知らなかったけど

最近CMもやっていたり

リサイクルショップにしては

オシャレな雰囲気漂っています。

 

 

まずはセカンドストリートから。

まず店員さんが皆若い!

大学生なのかな?って人もいて

古着好きです系の人種がレジにいました。

でもその中にいた主婦っぽい方に

最初の接客をしていただきました。

 

「見積頂きたいんですが」

って言ったら見積もりの受付番号をもらいます。

『20分くらい見積に時間かかります』

『終わったらお電話でご連絡します』

と言われたのでその間に夕食の買い出しへ。

その場で待たなくて良いので

時間が無駄にならずとってもありがたかった。

 

買い物を済ませてそろそろかなーと思っていると

約束通り電話がきました。

結果的に25~30分ほど時間かかってました。

 

そして見積もりの結果は

うすはり・・・300円

SUGAHARA・・・300円

もう一つの木箱・・・300円

景品皿・・・100円

不明なブランドの新品食器…50円

合計1050円

 

 

この値段がいいのか悪いのかわからず

今日のところはいったん帰りますといってその場を後に。

そしてすぐにその足でオフハウスへ!

 



 

 

オフハウスで一番びっくりしたのは

最初の対応!

食器が5点入っている袋を肩から下げた私をみて

おばちゃん店員が

『いらっしゃいませー!!おかずかりしまーす!!!』

ってめっちゃすごい勢いで私の袋を取っていきました。

 

え、ぐいぐい来すぎ!と思いましたが

圧倒されつつも言われるがままに。

 

『お見積りですか?』とかそういう確認しなくていいのかな?

私が何も売る気なかったらどうするのだろう。

 

でもめっちゃニコニコな笑顔で

接客態度的には全く問題ないし

不快ではなかったのでいいんです。

 

ただおばちゃん特有の勢いに

私が圧倒されただけなのです。

そしてそのまま自動的に査定に入りました。

 

オフハウスでは

“査定にかかる時間”“店内で待つか外に出るか”を

全く聞かれることなく査定に入ってしまいました。

よって私は店内で待つことに。

オフハウスはやっぱり売ってるものの幅が広い。

スーパーファミコンとかゲームボーイとか置いてあって

すごい懐かしさを感じました。

 

セカンドストリートのおしゃれ感漂う店内とは違い

“ザ・リサイクルショップ”って感じですね。

冷蔵庫もあったかな。

店内に売っているものを見ながら

自分の家にある、捨てたいものを思い浮かべていました。

 

店内を15分くらい見ていて

店内放送で査定が終わったお知らせが流れたので

買取カウンターに向かいます。

 

結果がこちら

うすはり・・・200円

SUGAHARA・・・150円

もう一つの木箱・・・100円

景品皿・・・50円

不明なブランドの新品食器…10円

合計510円

 

セカンドストリートの約半額!!

すごいびっくり!!!

これはもうセカンドストリートで売るしかないでしょ!

こんな倍近くも差が出るなんて

思ってもみなかったです。

 

その足ですぐにセカンドストリーへ行き

無事全て買い取って頂きました。

 




買取価格は決まっていないらしい

ちなみに今回は買取価格が

先ほどお伝えした結果になりましたが

ネットなどの意見を見ていると

買取価格というのは特に決まっていないという

意見を発見しました。

 

リサイクルショップでは買い付けはあくまで

お客さんが売ってくれるものになります。

店内で品薄のものは

高いお金を払ってでも買取りたいのです。

だからその店舗の在庫状況などによって

買取価格というのは変動があるそうです。

 

ネットに書いてあっただけなので

本当かはわかりませんが

でも確かにいつもセカンドストリートの方が高く買い取っていれば

世の中の人は皆セカンドストリートに流れてしまいます。

オフハウスは存続すら危うくなりますよね。

 

私はやっていませんが

セカンドストリートを複数店舗をはしごして

金額査定してもらった人を知っています。

その結果、やはり見積金額には差があったそうです。

 

ちなみに時期によっても買取金額は違ってくるみたい。

メンズ服を撃った記事に書いてあるのでご覧ください。

⇒⇒古着のメンズ服を売りたい!セカンドストリートに買取査定を依頼したよ。



 

一円でも高く売るためには!

よって今回の私のように

一円でも高く売りたい!という方は

いける範囲のリサイクルショップは何件か

見積をもらって比較検討するのがよいでしょう!

それが一番確実に高い査定で物を売ることができます。

ただ、リサイクルショップをはしごする事自体

面倒だしお金もかかるので私はそこまでは今後しないと思います。

ちなみに今回私がメルカリに出品しなかった理由は

食器を売って郵送するときに割れたら

クレームなどの対応が必要になることを避けたかったからです。

結局高く売れたとしても

梱包だったり、そのための時間だったり

変な労力が必要になってしまいます。

私としてはメルカリは服などを送るのはいいけど

壊れちゃまずいものに関しては

心配で出品できずにいます。

今回は早く食器棚をきれいにしたかったし

セカンドストリートで1050円で売りました!

食器たちよ、幸せに使われてくれ…。

そう願うばかりです。

スポンサーリンク





-LifeStyle
-

Copyright© ちずすたいる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。